« 今日撮った写真 | トップページ | 負けるな!東洋ベンディング »

ロボラボトークセッションinまいどーむ

ということで、お仕事を午前中お休みし、大阪市立大学の院生の立場で、Robo−Laboのトークセッション特別編に行ってきた。
「キャラクターがロボットビジネスを変える!~ロボットとコンテンツの出会い~」

◆開催日時:2007年10月2日(火)10:00~12:00 (受付9:30~)
----------------------------------------------------
● 第1部: セミナー(10:00~10:45) 
● 第2部: 対談  (11:00~12:00)
----------------------------------------------------
◆開催場所 マイドームおおさか 2F (セミナー会場 )
◆料金 無料 
◆定員 100名(満席になり次第、締め切ります)
◆対象 ロボット関連企業、コンテンツクリエイター

「ロボットビジネスが10倍楽しくなる秘訣は、キャラクター力にあり!」
ロボット開発企業にとっても、コンテンツ開発企業にとっても、新しいビジネスモデルを検討されている方にとって、必聴の内容です。


Img286(ちなみに昼からはMBSの長井さんがワンセグについて語るらしい)

 今回は、『アジアコンテンツマーケット in 関西』(http://cris-kansai.jp/acm/と共催ということで、珍しくマイドーム大阪が会場になっている。
  まぁ、ご存じ無い方の為に云っておくと、会場の『マイドーム大阪』は、「毎度!」というお商売人さんの挨拶の語呂合わせの名称でもわかるとおり、大阪府の産業振興部門の管轄である。いつもロボファイトなどでお世話になってる「サンソウカン」とは、東横堀川をはさんで仲良く建ってる建物だ。隣に大阪商工会議所が併設されてることからわかるとおり、少し大きなお金持ちの企業はマイドーム。中小零細はサンソウカン っと業務分担をしている・・・わけだ。



Img284
 ということで、今回はロボラボの事前登録の他に、ACMの入場登録も別途行わなければいけなくって・・・まぁついでに見本市も見てくれって事らしい。
 肝心のセミナー会場は 100人の定員に対して、用意された椅子は埋まってしまい 大体120人くらい。あと主催者側の立ち見もでて盛況は盛況。ただ、ざっと見回したところ・・本来居るべきコンテンツ関係者というより、
大阪市(経済 計画 )関連 10人くらい
大阪府(産業 総務IT)関連 10人くらい
経済産業省 関連 10人くらい
 と圧倒的に公共が多かった・・・ これに 芸大関係者が入って 過半数(^^;
Img287


第1部 <講師> 小池一夫氏


 開口一番、「まぁこの会場に居る人はまじめに勉強して来た人みたいだから、そういう人にはキャラクターは作れません」っとバッサリ。まぁ一応 私もネクタイ締めてたしね。・・・「みなさん生の漫画家なんか見たことないでしょ」っとおっしゃいましたが・・・結構見てます私(笑)
 キャラクターは対比から生まれる。そしてそれを掘り下げ肉付けして作りこむ作業が重要 っというまじめな話から。 手塚先生を頂点とする「まんが=トキワ荘一派」と「劇画=小池:さいとうたかお連合」の仁義無き闘いの構図など 爆笑な与太話まで 話題は尽きない。
 で、漫画創世記に現れた 第1世代は・・・もう ほとんど残ってないし、私も耳が遠いんで 小池一夫の話を最後に聞いた人になるかも なんて 本音とも冗談ともつかない話で終了。
 質問コーナーで オタク隠して公務員っぽいおねえちゃんが「劇画村塾」について質問したとき、そんなことを知ってる人が会場に居ることに本当に驚いておられた。
 まぁ手塚先生も北野高:阪大だし、さいとうたかお先生も堺だし・・・もしも「ふるさと納税」制度が実現したら、絶対近畿は得する側に回ると思う・・・なんで市長と知事は反対なんだろう

第2部 <講師>高橋智隆氏:ロボットクリエイター&高木真司氏:アニメ監督、演出家


 ということで 第2部は・・・どっかで見たような人の対談。客層が若干入れ替わった気がするが気のせいにしておこう。ERO橋さんは クロイノとFTの2台を持参。

 しっかし、 いまだにクロイノの起き上がりデモを見て「おぉ~」っと歓声が上がるのは何故? 本来ならこのセミナー会場に居る人なら「3回はみてます!」くらいは言って欲しいのだが・・・ やっぱ「2足歩行ロボット人口は日本に200人説(by三月兎)」は真実かも知れない。

 一方の 高木監督の「SOS」(スミマセン未見です) ホントに3D-CGだったんだ。しかもCGオペレーターはパラメータ鍵盤手打ちだったらしい(^^; 

 って ところで ロボットのモーション再生と アニメのコマ割りの手法が 似てるってことで 妙に意気投合する二人・・・・高木監督のFTのモーションにモデルとか居るんですか?っという質問に 妙に照れるERO橋さんがお茶目。



で、大急ぎで 展示を見て・・・出勤。
Img285

« 今日撮った写真 | トップページ | 負けるな!東洋ベンディング »

ROBO-ONE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロボラボトークセッションinまいどーむ:

« 今日撮った写真 | トップページ | 負けるな!東洋ベンディング »

特選サイト


  • Kinki students Biped-robot League
    近畿学生2足ロボリーグ

  • 大阪市広報twitter

  • Phenix-03

  • 北海道は不景気だけど。

    ばんえい競馬を観に行きたい!


  • はりまロボットスクールプロジェクト

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ