« 締め切り前日 | トップページ | すごいぞ東洋ベンディング2 »

山田サンも出るの?

ロボビーM(ロボプロ亭エム吉)が落語をすると言うので評判の今週末の 彦八まつり  http://www.kamigatarakugo.jp/hikohachi.html。
トリは誰かとみてみればー、前大阪府知事 山田勇さん?!

プロジェクト・ノリカ NORIKA

株式会社アールエフ  丸山次郎 

 オープンソース手法の製造業への応用
 小型カメラの開発製造を手がける、長野にある中小企業の(既にベンチャーではない)の成り立ちと経営方針を綴った本。
 ノリカは、カプセル型飲む胃カメラの愛称。由来は、開発室にポスターが張ってあったとされる「藤原紀香」らしい。社長の丸山氏は戦後のベビーブーム世代であり、日本の高度成長を支えたといわれる「工業高等専門学校制度」 の一期生。(正確には氏の出身校である長野高専で)
 前半は、小学5年生で8時間かけて秋葉原に探検に行くレベルから、高専時代に秋葉原から貨車貨物で部品を調達したなど和やかだが、中盤はテレビの筐体にLSIを詰め込んで、関税を誤魔化したりと ややグレーゾーンな話もありつつ、何事もオープンという姿勢は、組み込み分野においても「オープンソース」思想が着実に浸透していることをうかがわせる。
 小さな会社が大きな会社と御していくためには、技術を広く公開し相手の大会社に特許を取らせないこと。(無論、小企業には特許事務を行えるほど人的余裕が無い)そして小集団ゆえの意思疎通の早さによる開発スピードで大企業を圧倒していくというビジネスモデルは、今後の知的ビジネスのあり方に対して一石を投じる物といえる。

出版 : 徳間書店 発行年月 : 2003.3 サイズ : B6判 / 233p
ISBN : 4-19-861658-2

« 締め切り前日 | トップページ | すごいぞ東洋ベンディング2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山田サンも出るの?:

« 締め切り前日 | トップページ | すごいぞ東洋ベンディング2 »

特選サイト


  • Kinki students Biped-robot League
    近畿学生2足ロボリーグ

  • 大阪市広報twitter

  • Phenix-03

  • 北海道は不景気だけど。

    ばんえい競馬を観に行きたい!


  • はりまロボットスクールプロジェクト

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ